【100均で知育玩具を手作り】【1歳】【2歳】【3歳~】本格的!?プラステン風おもちゃの作り方

この知育玩具のねらい

・指でじょうずにつまんで挿すことで、指の巧緻性を高める

以前にキッチンペーパーで知育玩具「プラステン」風の輪投げのおもちゃを作りましたが、もう少し本物の「プラステン」に近いサイズ感のおもちゃが作れないかなぁと思っていたんです。

↑コチラが本物のプラステン

100均で購入できる木製の皿立てキッズ用のカラフルなヘアゴムや、カットしたホース(ホームセンターなどで数百円で購入できます)をかける方法もありますが、先日セリアでちょうどいい商品を見つけたので、実際に作ってみました♪ 使うのは、赤ちゃんがごっつんこしてしまわないようにガードする、ぶつかり防止クッションです。

≪ 100均 de おうちモンテ のレシピ≫
■製作費:660円〜
■用意するもの
・ぶつかり防止クッション(ドアノブ用)(セリア
・木製お皿立て
・好きな色のペイントマーカー
・はさみ

100均の材料で「プラステン風おもちゃ」を手作りしてみよう

1.ぶつかり防止クッションをカットする
 ・3玉×5色作る場合は1セット(2本入り)
  ・5玉×5色作る場合は2セット(2本入り×2袋)用意しよう

ぶつかり防止クッションを取り出す(赤ちゃんのちぎりパンのようですね…ムチムチ)。
はさみで切り込みを入れる。
切り込みを入れたところからはさみの刃を入れ、チョキチョキと切り離していく。
カットできた。

2.ペイントマーカーで色を塗る

ペイントマーカーで、必要個数分の玉に色を塗っていこう。
玉の上下まで塗るときれい。乾くのを待とう(乾くと少し硬くなります)

3.乾いたら完成!

木製皿たてに挿して遊ぼう
0歳児も興味津々

5玉×5色作りたい場合は、上で紹介した木製皿立てだと入りきりません。その場合は、より高さがあり、棒と棒との距離にもう少し余裕がある、ダイソーの「WOODEN RACK 木製お皿立て 11×25×9.7cm」がおすすめ。自分で組み立てるように分解された状態で売られているので、5本の棒の列を1列だけ使いたいときにも便利です。

ダイソーの「木製お皿立て」だと、棒と棒の間のスペースが広いので、玉も入れやすい。

本物の木製のプラステンで遊んだときのようなカチャ、カチャと玉が当たる音は残念ながら感じることができませんが、5色の玉を棒に挿すという動作だけでもOKという場合は、ぜひ作ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました