【100均でモンテッソーリの教具を手作り】【1歳】【2歳】「型はめパズルボックス」の作り方

この教具&お仕事のねらい

・丸、三角形、長方形、正方形などの形を認識する
・空間認識能力を高める
・「落とす」動作を繰り返すことで手先の発達を促す

今回は、ずっと作りたいと思いながらなかなかアイデアが浮かばず諦めかけていた「型はめパズルボックス」の作り方を紹介します。作り方の基本は、先に紹介したスポンジで作る「やわらか積み木」。使う材料はすべて100均で揃いますので、ぜひ時間のあるときに作ってみてくださいね。

≪ 100均 de おうちモンテ のレシピ≫
■製作費:220円~
■用意するもの
・プレンティボックス コミック(セリア
・ナナイロ 食器・調理器具用ソフトスポンジ 7P(セリア
・じょうぎ
・カッター
・はさみ
・えんぴつ
・ビニールテープ(なくてもOK)

モンテッソーリの「型はめパズルボックス」を作ってみよう

1. 段ボールボックス(プレンティボックス) を組み立てる

段ボールボックスを準備する。
同封されている組み立て図の案内に沿って組み立てよう。

2.段ボールボックのフタに図形を下書きする

スポンジをはめる位置を決める。 手順1で組み立てた段ボールボックスのフタの上にスポンジを配置し、位置を決めたらえんぴつで型を取る。
(薄くて見えづらいですが…)スポンジの輪郭を取ったところ。
上で取ったスポンジの輪郭内におさまるように、図形を描く。

3.図形をカットする

カッターで手順2で描いた図形の下書き線をカットする。下書きの線は、消しゴムで消しておこう。ビニールテープで図形の枠を補強しておくと、劣化しにくく、図形の形もわかりやすい。

4.スポンジをカットする

手順3でカットした図形をスポンジにのせ、はさみでカットする。
正方形ができた。他の図形も同様にカットしよう。スポンジをしっかり潰した状態ではさみで切るときれいに切れる。

5.スポンジを型にはめる

段ボールボックスのフタに、同じ形にカットしたスポンジをはめる。

6.段ボールボックスの側面を装飾して完成

手作り型はめパズルボックス
写真では、折り紙で数字を切り抜いてのりで貼り付け、その下に、数字と同じ枚数のシールを貼った。これはあくまでも一例なので、子どもに絵を描かせたり、貼り絵をしたり、さらにスポンジをはめ込んだりと、自由に装飾してみよう。
CHECK!

スポンジを使わなくても、手持ちの積み木の型を取ってくり抜くだけで、パズルボックスの完成。段ボールボックスも、わざわざ買う必要は全然ない。通販などで届いた箱や、靴箱などを再利用するのもアリなので、工夫して作ってみよう!

「型はめパズルボックス」を使ってみよう

まずはスポンジを取り出そう。引っ張ってもだめなら…
押してみよう!
スポン!
フタをあけてスポンジをすべて取り出す。
黄色い正方形のスポンジを手に取って、
フタの正方形の場所の型にはめ、ギュッと押す。
スポン!これを繰り返して遊びましょう♪