【おうちdeモンテッソーリ】枯れたお花を分解して構造を見てみよう【文化教育】

モンテッソーリ 花 お仕事
この教具・お仕事のねらい

・植物の構造を理解する
・新しい言葉を獲得し、経験とともに理解する

先日、お花を自分で花瓶に生けた娘。

花の水切り・花をいけるお仕事をしてみよう

リビングに起きてくると嬉しそうに眺めたり、花の絵を描いたりしていましたが、花は生き物。終わりがあります。元気がなくなったお花を分解して、中の構造を観察してみました。

植物図鑑を傍に置いて、枯れかけた花を観察します。

自分の目で見て、触って、

モンテッソーリ 花 お仕事

形や触感を確かめます。花弁を1枚はがすと、中身が見えました。

植物図鑑と見比べています。

これは…これだ!と、花のひとつひとつの部分を確かめていきます。
モンテッソーリ 文化教育
観察しながら少しずつ分解。素手でもいいですし、ピンセットでも◎。
モンテッソーリ 文化教育
「お花、こんな形してたの」と手を使って形を伝えてくれます
「やわらか〜い」

これまでは図鑑で見た単なる「知識」でしかなかったものが、実物を見る/触る「経験」に裏打ちされ、真の知識となっていったとても楽しい時間でした。