【100均でモンテッソーリ教具を簡単手作り 】【1歳】【2歳】色板 (第1の箱) の作り方【セリア】

この教具&お仕事のねらい

・基本の3原色を使った色板で、色の違いを認識する
・色の名前を覚える
・同じもの同士を対にするペアリングで子どもの知性を引き出す
・集中力を養う

モンテッソーリの色板の作り方は以前にもご紹介しました。

モンテッソーリ 色板 手作り

上の記事は「色板」のなかでも「ボックス3(第3の箱)」というものを模して作ったもので、色の明暗を認識する力を鍛えるものでした。今回作るのは、その前段階で使いたい「ボックス1(第1の箱)」の色板。

手作り 色板

赤、青、黄の3原色に塗り分けられた6枚の色板からなり、色の違いを認識するための知覚を鍛え、集中力を養います。

【 100均 de おうちモンテ 】
モンテッソーリの「色版」を手作りしよう

今回、使ったのはセリアの「木製仕切りケース」(110円)2セット。

セリア 木製仕切りケース

仕切りとなる板が取り出せる仕様になっているので、子どもが色板を収納する練習になればと思い、これを使ってみました。これくらいのサイズの木の板ってなかなか見つからないのですが、お近くにセリアがない場合は厚紙や段ボールで代用したり、赤・青・黄の折り紙などで作ってみてくださいね♪

100均(セリア)でモンテッソーリの「色板」を作ってみよう

では、作り方を見ていきましょう。

1.「木製仕切りケース」の仕切り板をはずす

写真のようにひっぱると、仕切り板を簡単に外すことができます。
すべて外しておきましょう。

2.フェルトを3色×2枚ずつカットする

赤・青・黄、3色のフェルトを用意。板に巻きつけるのに使います。ちょうどいいサイズに2枚ずつカットしましょう。

3.板にフェルトを巻きつける

フェルトの片面に木工用ボンドを塗り、中央に板を写真のように置きます。
板がずれないように手で固定しながら、片側を内側へと折ります。このとき、ひっぱるようにしてしっかり接着するとよれずにきれいに貼れますよ!
もう片方もフェルトをピンと引っ張りながら接着。
他の板もすべて接着したら完成です。

4.完成!

仕切りケースに収納
手作り色板
これで完成!

手作りした色板の使い方

1.色板をランダムに並べる

手作り 色板
仕切りケースから1枚ずつ色板を取り出し、ランダムに並べていきます。これは指でつまむ練習。親指、人差し指、中指を使ってじょうずに取り出せるかな?

2.色板を1枚手に取ったら、色の名前を確認

はじめに手に取ったのは赤。色の名前を親子で確認し、置きます。

3.同じ色の色板を手に取り、並べる

色板の使い方
大人の方が同じ色を取るように促し、もう1枚の赤い色板をさきほどの色板に並べて置きます。
色板遊び
これを別の色でも繰り返しましょう。色の名前を口頭で確認しながら……
色板 使い方
できた!

4.仕切りケースに色板を仕舞う

お片付けまでがお仕事。ケースにしまって終了です。

とっても簡単に作れるのでぜひ試してみてくださいね♪