【 100均でモンテッソーリ教具を簡単手作り 】【2歳】【3歳~】「色板」の作り方

この教具&お仕事のねらい

・色の明度の違いや濃淡を経験し、色の美しさに触れる
・色の名前を覚える
・身の回りにある色に興味を持つ

モンテッソーリには「色板」という教具があります。

さまざまな色合いのカードには濃淡があり、明度や色彩を比較しながら色の美しさに触れたり、色の対比や組み合わせ方をまなぶことができます。もちろん、本物の教具を作るのが一番!ですが、安いものでも6000円以上するため、手作りで「なんちゃって色板」を作ってみました。(あくまでも「なんちゃって」です。色の美しさが大事だと思いますので、気になる場合はより上質な折り紙を選んだり、本物の教具の購入を検討されるのをおすすめします)。

モンテッソーリ 色板 第1、2、3の箱セット Montessori  Color Tablets Box 1, 2, 3 知育玩具
created by Rinker

100均 de おうちモンテ のレシピ
■製作費:220円〜
■用意するもの
・折り紙(40色以上入っているもの)×2パック
・鉛筆

【 100均 de おうちモンテ 】
モンテッソーリの「色版」を手作りしよう

どうにか色板を自作できないかと色々試してみましたが、失敗しながらたどりついた答えが「めんこ」でした。めんこといえば、2色の折り紙を使って折るのが一般的ですが、私が作ったのは同じ色の折り紙を2枚組み合わせたもの。2枚の紙を何回も折ってさらに組み合わせることで強度が出ますし、子どもの手にぴったりのサイズ感なんです。

今回使ったのは、ミーツ(ワッツ系列)の「50COLORおりがみ」を2パック(写真左)。50色の折り紙が1枚ずつ入っています。なお、ダイソーでは40色入りのものがありました(写真中央)。セリアは柄が凝ったものを多く取り扱っていますがたくさんの色が入っているセットは本記事執筆時点では見つかりませんでした。また、写真右のようにAmazon.jpなどのネットショップでは、「100色折紙」(エヒメ紙工)など色数がさらに多い折り紙も入手できます。

追記2020.4.11)ダイソーでも50色折り紙を見つけました!!

1.同じ色の折り紙を2枚、鉛筆を用意する
※わかりやすいように違う色の折り紙で紹介します

2.折り紙を半分に折り、★の部分に軽く折り目をつけて開く

3.折り紙の右端を、作業2で付けた折り目(★の部分)に重ねる。画像の赤丸で囲んだ部分(折り紙が重なった部分に鉛筆で印を付ける

4.作業3で付けた丸印の部分を折り、折り紙を三等分にする

5.作業4を折ったところ

6.もう一度折る

7.右端の部分を写真のように折る

8.もう片方も同様に折る

9.もう1枚の折り紙も同様に折る

10.2枚を写真のように重ねる

11.写真のように、外側の4個のツノを折り込んでいく

12.作業11で最後に折ったツノを、もう一枚の折り紙の下に差し込む。実際は、写真右のように、2枚とも同じ色の折り紙で折ってくださいね。

13.他の色もすべて折って完成です!

色板

△(失敗例)厚紙製の色板は耐久性がイマイチ
めんこを作る前に、カード大に切った厚紙に折り紙を1枚ずつ巻き巻きして100色の色板を作ったのですが、子どもの手の力をあなどっていました……。せっかく頑張って作った色板、はじめは大変興味深そうに手に取って遊んでいましたが、遊んでいるうちにグシャッ、グニュっとやられて遊べる状態ではなくなってしまいました。。トホホ

失敗した厚紙製の色板

次の記事では、ここで作った色板の使い方、遊び方をご紹介します。(収納方法はコチラ

手作り 色板
さらに基本的な第1の箱の色板の作り方はコチラ      
洗濯バサミを使った色板の作り方はコチラ
タイトルとURLをコピーしました