元モノ雑誌編集者が厳選!クリスマス・誕生日に買いたい知育玩具プレゼント 【予算別】【0歳】【1歳】【2歳】【3歳〜】

ハロウィンも終わったこの季節、なんだかソワソワしてしまうのは私だけではないはず。おそらく多くの親御さんが、子どものクリスマスプレゼント何にしようかと考え始めているのではないでしょうか。「何を買ったら喜んでくれるかな〜」「長く使ってくれるものがいいな〜」と思いながらもなかなか決められないので、頭の整理のために予算別にピンときた知育おもちゃをまとめてみました。STEAM教育用のカタログや育児雑誌をすみずみまでチェックしてわかった最新のオススメ知育玩具から、モノ雑誌で編集を手掛けた経験を持つ筆者がちまちまチェックしてしてはウィッシュリストに保存していたマストバイのおもちゃまで、クリスマスプレゼントにぴったりな知育玩具を厳選。予算別に紹介します♪

クリスマスプレゼントにぴったりな知育玩具をチェック!

予算:〜3000円

アンビトーイ「ロックブロック」

ココがオススメポイント!

次女が0歳の頃に買いましたが、1歳になったいまもずっとハマって使ってます。上達が目に見えるのが親としても嬉しい! モンテッソーリの教具のようなシンプルな構造と色遣いもGOOD。

エド・インター「能力タングラム」

ココが気になるポイント!

三角形のピースを並べ替えて図形を作るタングラムは、数学的なセンスを磨くのにピッタリ。101問の図形問題付きなので、問題を見ながら一人で遊んでくれることに期待したい…!

予算:3000〜5000円

クラウドベリーズ「キャンバス」

ココが気になるポイント!

STEAM教育のおもちゃが掲載されているカタログで発見した1000ピースのパズル。個人的に図柄に一目惚れしてしまいました。色彩感覚と数学的なセンスを養えそう!

リープフロッグ「フリッジフォニックスマグネットアルファベット」

ココが気になるポイント!

以前SNSでも話題になっていましたね! アルファベットの形と音を楽しみながら覚えられるので、フォニックスを取り入れようと思われているご家庭にぜひ!

予算:5000〜1万円

東洋館出版社「パターンブロックプラス」

ココが気になるポイント!

筑付など有名小学校でも取り入れられているというパターンブロック。基本の図形を組み合わせてタスクカードの問題を解いたり、積み木として遊んだりと、お値段以上に楽しめそう。

オリベル「マーブルラン」

ココが気になるポイント!

シンガポール発、壁に取り付けて”ピタゴラスイッチ”が楽しめるおもちゃ。工具不要で壁を傷つけずに設置できるので、賃貸のわが家でも問題なく使えるのが嬉しすぎます!

マジックウッド「カラコロツリー」

ココが気になるポイント!

ボーネルンドに行くたび気になっていたもの。ビー玉の移動を目で追いながら、木の音も同時に楽しめるなんて素敵ですよね。クリスマスツリー代わりにも!?

グリム「にじのキューブ」

ココが気になるポイント!

積み木のグラデーションが美しく、使いながら色彩感覚を養えそう。同じシリーズには、三角形のキューブからなる「にじのオクタゴン」なるものもあり、どちらも気になります!

木製バランスボード

ココが気になるポイント!

インスタでいっとき木製バランスボードの広告がよく出ていたのですが、まんまと気になってポチる寸前です(こちらは廉価版)。バランスを取ったり、寝そべったり、おままごとの机にしたり使い方色々。木製なのでインテリアにも馴染んでくれそう!

ギガミック「カタミノ」

ココが気になるポイント!

最近やたらと店頭やカタログで見かけるフランス発のパズルゲーム。しかも、ネット通販でも百貨店などでも、かな〜り売れている模様。プログラミング脳を鍛えられるそうですよ!

ピープル「ピタゴラス」

ココが気になるポイント!

マグフォーマーにも似ている立体図形パズル。マグフォーマーはすでに持っているのですが、なんとなく「辺」を意識しながら図形を組み立てるイメージがあります。これに対し、ピタゴラスは「面」を意識しながら図形を組み立てられそう。空間認識能力をより高めてくれるかも?

予算:1万円〜2万円

ボーネルンド「クアドリラ」

ココが気になるポイント!

ブロックやレールをつなげて組み立てるスロープトイ。ボーネルンドの店頭で実物を見ましたが、色鮮やかでしかもパーツも大きめ。ビー玉が転がっていく様子をダイナミックに楽しめますよ!

ネフ「ネフスピール」

ココが気になるポイント!

50年以上愛されてきたという木の積み木。ちょうちょのような唯一無二の形のパーツがかわいいですよね。パーツをじょうずに&ときに複雑に積み上げることで、創造性と手指の巧緻性を培えそう。

予算:2万円以上

キュボロ「キュボロ ベーシス」

ココが気になるポイント!

将棋の藤井聡太二冠が子どもの頃にハマっていたことで有名に。藤井二冠の小さい頃の写真を見ると、キュボロが山のようにたんまりと…! あんなにたくさんは買えないし廉価版も持っているけれど、ウィッシュリストにはいつもこれが入っています。。

ネフ「アークレインボウ」グリム「アーチレインボウ」

ココが気になるポイント!

特に海外の方がおうちで使っているモンテッソーリ棚でよく見かけるのがコレ。カラフルな木製のアーチを組み合わせ、トンネルのように並べたり積み上げてバランスをとったりして遊ぶ様子がなんとも楽しそう。用途が決まっていないので自分で考え、工夫しながら遊べるのが◎。

本当に使ってよかった知育玩具Best10はコチラ

タイトルとURLをコピーしました